2015/01

  新年おめでとうございます
 
  羊年の新年の福岡地方は、横なぐりの風と雪という荒々し
 い元旦となりました。まもなく1月7日七草粥の日がやって来
 ます。
 七草粥は、春の七草や餅などを食材とする塩味の粥で、その
 一年の無病息災を願って食べるもので、お正月で弱った胃を
 休める為とも言われています。
 七草粥の食材は、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホト
 ケノザ、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)が代表的なもの
 ですが、地方によって食材は大きく異なるようです。気候や
 降雪の関係で七草が摘めない北国では、大根、ごぼう、人参、
 ワラビ、油揚げなどを食材としたようです。当地福岡地方で
 も昔は鯨肉を入れた味噌仕立ての汁物「鯨汁」に大根、サト
 イモ、こんにゃく、七草、カツオ菜だったそうです。
 今では代表的な食材七品の入ったものがセットとしてスーパ
 ー等で販売されていますが、標準化されて画一的で少し面白
 味に欠けるような気がします。
 
  七草粥の調理は1月6日の夜、あらかじめ用意した食材の七
 草をまな板の上に載せ、以下のわらべうたを唄いながらスリ
 コギや包丁の背などで細かくする風習があります。
   「七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に渡らぬ先に
    ストトントン」
  (七草囃子=ななくさばやし、又は七草たたき)
 
 明けて7日の朝に粥を炊き、叩いた七草を入れて七草粥にす
 る。そして朝食としていただく。七草囃子を唄いながら叩く
 ことで七草の力を引き出すことができると考えられていたそ
 うです。
 七草囃子の意味は、「唐土」は昔、日本が中国を呼んだ言葉
 で、「唐土の鳥が渡らぬ先に」は、大陸から鳥が疫病を持っ
 て来ない内に、また農耕に悪さをする鳥を追い払うと言う意
 味だそうです。
  昔の人はすごい ! 鳥インフルエンザが、大陸から来ると
 分かっていたなんて。
 
  さあ、今年も体調管理を怠らず、元気で頑張りましょう。
 
 (上妻)